世話をしてくれた子に「寄与分」を認めたい

私には2人の男の子があります。現在長男夫婦と同居しており、次男夫婦は遠方に住んでいます。数年前から私は、歳のせいもあってか病気がちとなり、寝たきりというわけではありませんがいわゆる介護に近いことを日常的に嫁からしてもらっています。長男は生活費も援助してくれています。
これに対して次男は、家にあまり寄りつきたがらないような有様です。このように同じ子でありながら私への接し方は大きく違いますので、私は長男により多くの遺産を譲りたいと考えています。
法律ではあくまでも子は等分と聞いていますが、世話をしてくれた分として、長男に多くの遺産を譲ることは可能でしょうか。

■ 「特別の寄与」

遺言によって遺産の分割についての指定がない限り、遺産は法定相続のルールに従って分割されます。
ところが、被相続人の財産の維持・増加に特別の貢献をした相続人がある場合、遺産分割協議においてもそれが考慮されるべきとの規定があります。
生前贈与分を特別受益として持戻しを求める考えと同様、「寄与分」を考慮しないことは不公平だという考えに立つものです。

ここに言う「特別の寄与」とは、例えば、被相続人の事業に協力して労務を提供したとか自分の財産を供与したりした場合や、被相続人の療養看護に当たり医療費看護費の節約に貢献した場合などが相当すると考えられます。
つまり、被相続人の財産の維持(減らさない効果のある働き)や増加(増やす働き)に特別の貢献をした行為ならびにその結果を指して「特別の寄与」とみなすわけです。

ところが、特別の寄与は、ある程度高額であることが求められます。
例えば、長男が父の事業に協力して利益を増やし、結果として父の財産を大幅に増やしたというような場合はその典型例となります。

特別の寄与は存在したか否か、これは遺産分割協議で検討するか、家庭裁判所の調停や審判を待つことになります。

■ 本当に財産の維持・増加があったか

ところで、同居する老人が病気で食事も自分で摂れないのに、「自分でよそって食え」などとやったら、場合によっては犯罪です。
つまり、当たり前の介助やわずかな生活費を与えるなどは、子どもやその妻としてはむしろ当然の行為であり、それが「特別の寄与」であるとは考えにくいのではないでしょうか。
まして、そのことで大幅な医療費が軽減できたとか、相当額のお金をあげたなどがない場合は、客観的、法的には「特別の寄与」とは認められないと考えるほうが妥当です。

■ 貢献に感謝し報いたい意思を遺言で

このケースのような範囲での看護や援助は、民法に言う「特別の寄与」としては認められない可能性が高いのですが、あくまでも遺言者の気持ちとして、その感謝の気持ちを遺産として与えたい旨を遺言にしたためるのは無意味なことではありません。
遺留分を侵害しない範囲で多めに相続させることが可能であれば、その旨を指定した上で「付言事項」として思いのたけを書き入れることができます。

このページの先頭へ